がんと治療と家族の毎日

ステージ4 進行胃がんと戦う父の闘病記録を中心に、がんについてあれこれ綴っていくブログ。

ステージ4進行胃がんと診断されるまでの経緯 ③ 〜印環細胞癌の確定診断〜

スポンサーリンク

前回の続き。

 

 

総合病院を受診してから4日で進行胃がんと判明し、2週間程度で病理診断に至った。

 

以下、詳細。

 

<11月上旬 CT予約を取った翌日>

前日に引き続き、総合病院へと父は一人でCTを撮りに行った。

 

造影CT検査の簡単な結果説明も受けて帰ってきたようだが、その日の担当医にCT画像を見ながら以下のように言われたそうだ。

 

モヤモヤしてるの見えるでしょ?

 

このモヤモヤが悪さしてるんだろうねぇ。

 

あとの詳しいことは次回の担当医に聞いて。

 

とりあえず水が飲めてれば死なないから。

 

俄かには信じ難いが、こんな物言いの医師が現代のクレーマー社会でも生き残っていることに驚いた。

 

昔から評判の悪い病院ではあったが、その評判は然もありなんという感じだ。

 

CT画像上“モヤモヤしている”部位が具体的にどこの臓器なのかを始め、中身のある説明は一切なかったようで、父も怒っていたが、既に面と向かって文句を言えるほどの元気も無くなっていた。

 

この頃から明確に父の活気はなくなり、痩せが目立つようになっていた。

 

その一方でお腹は膨れ上がり、本人曰く、膨満感がとにかく辛いと言っていた。

 

 

<11月中旬 CT検査から3日後>

朝から胃カメラをやり、その後に全ての検査結果の説明が担当医からあるということで、自分と弟も病院に行くことにした。

 

父は、がんでは無いという一縷の望みにかけて胃カメラに臨んだ。

 

結果、胃の小弯(胃の入り口から出口にかけての内側に湾曲している部分)に出血を伴う15 cm大の潰瘍性病変が見つかった。

 

その後、外来で状態の説明があり、担当医は言葉を選びながらも、病理結果が出ないと確定診断とはならないが、胃がんである可能性が極めて高いと告げた。

 

母の、ステージ4ですか?という問いかけに対して、医師は、そうですね、と短く答えた。

 

その後、腫瘍マーカーであるCEAとCA19-9が高度に上昇していること、腹水の貯留がかなり進行しており食欲不振はそのせいであること、血中アルブミン量が低下しており腹水貯留に拍車をかけている可能性が高いこと、肺塞栓も見つかっており息苦しさの一因になっていること、などが説明された。

 

そして、このままこの病院に入院しても良いし、希望があればがん専門病院に紹介状を書くということだった。

 

担当医の言葉の端々からは、どこで治療しても結果は変わらないという姿勢が透けて見えた。

 

結局、宛先なしの紹介状を用意して貰い病院をあとにした。

 

その後、腫瘍内科の先輩に相談しつつ、がん専門病院を含めて各病院の特徴や、進めている臨床試験、治験の状況を一気に調べた。

 

自分の勤務先もがんの拠点病院に指定されているが、がん治療に関してはがん専門病院には及ばない。

 

しかし、がん専門病院は合併症の治療に弱い点や、患者対応がドライであることが多い点など欠点もある。

 

病院選びは本当に難しいとつくづく思う。

 

こういう時、自分の専門が悪性腫瘍でないことを後悔する。

 

熟慮の末、候補を3つの病院に絞り、メリットとデメリットを説明した上で父に決めてもらうことにした。

 

その日の夜、上記について説明し、父は都道府県がん診療連携拠点病院に指定されている公立病院を選んだ。

 

 

<11月中旬 胃がんとの説明を受けた翌日>

早速、母が公立病院に予約の電話をしたところ、初診が1週間後になるとのことだった。

 

しかし、父の具合は目に見えて悪くなっていた。

 

食事は全く喉を通らなくなっており、栄養剤であるエンシュアもほとんど飲めなかった。

 

悪液質は明らかに進んでおり、CRPの値が示すように高度な炎症も継続していた。

 

このままでは保たないのは火を見るよりも明らかだった。

 

さらに、次の病院への病理検体の移動方法について問い合わせるため昨日の担当医へ母が連絡したところ、電話越しに余命1ヶ月の宣告を受けた。

 

この日、3つの候補の病院のうち、実家に最も近い大学病院に駆け込むことを決めた。

 

大学病院では外来診察後、すぐに入院となった。

 

外来で検査も兼ねて腹水を少量抜いてもらい、多少楽になったことを父は喜んでいた。

 

入院して数日した後に、胃カメラの際に生検した検体の病理結果が届いた。

 

印環細胞癌だった。

 

ここから、5年生存率7%とされるステージ4胃がんとの戦いが始まった。